So-net無料ブログ作成
検索選択

仕事にまつわる伝える力を鍛えるコツ [仕事]

スポンサードリンク





tsutaeru.JPG

新入社員の方々も、会社始まってから
早1週間が経とうとしていますね。

まだまだ緊張が続いていること思います。
いろいろと学ばなければいけないことが多いため、
受け身になりがちで、自分が思ったことを先輩、
または同僚にしっかりと伝えることに苦労されている
ことと思います。

その悩みを打開する術を先人から学んでみましょう。



現在、横並びでスタートして頑張っていれば
成功するなんてことは決してありません。

自分の意見をしっかりと持ち、
それを伝え、議論することができれば
自分の存在感を示すことができます。

論理的、または建設的な意見を堂々と伝えることができる人は、
日本では一目置かれます。世界の舞台ではなおさら一目置かれます。

そうなりたい。
そうなれればいいな。
と思ってはみても、これがなかなか難しい。



でも、コツがあるんです。
まずは、初っ端から
結論を最初に伝える!
欧米的ではあるけれど、結論が先であれば
理路整然と相手に伝えたいことができますよ。

次に
相手に合わせた伝え方をする
年齢などを考慮し、手を効果的に使うことで
分かりやすい言葉で伝える。
断定した言い方は絶対NGです。

そして、できれば
自分の声のトーンに気を付ける
小さすぎても、大きすぎてもダメ。
普段から相手にどうしたら伝わるのか
ということを意識して伝える練習をしていると
自然と身についてきます。



自分が思うこと相手に理解してもらうように
伝えることは楽ではありません。

でも、こういった伝える力を
普段から意識して練っていれば、
自分の意見をしっかりと持ち、
それを伝えることができ、
相手と議論できるようになれば
自分の存在感を自分自身でも意識できるように
なるでしょう。

私も自分の伝える力をいつも意識するように
しています(笑)



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。