So-net無料ブログ作成
検索選択

かけっこは運動会の花形!走り方を変えれば速くなる [スポーツ]

スポンサードリンク





run.JPG

近くの運動公園でかけっこの練習を
小学5年生になる娘と一緒に練習しました。

6月に運動会があるためです(笑)


最近、ようやく逆立ちができるようになった娘。
なんか自信がついたらしく、
かけっこも早く走りたいという欲が出てきたんでしょう(笑)

珍しく自分からかけっこの練習がしたいと言ってきた。
そこで、父親としての威厳(?)を保つためにも、
教える大役を受けたわけです。



まずはラジオ体操を始め、
軽くジョギングを5分ほど行い、
ストレッチをした。

さすがに準備運動なしで、短距離を走ってみる気はないですね。
心臓麻痺になっても、困りますし(笑)

ストレッチ後、娘の走りのフォームを見るため、
軽いダッシュを5本、一緒に走った。
なるほど、女の子らしい走り方だ。
足の運びは悪くないが、
手の振りが横に振ってしまっているため、
力が逃げてしまっていた。

なので、肘を縦に振るようにアドバイスしてみると、
すごくいい走りになってきた。
始めたばかりなのに呑み込みがいい。
(すいません、親バカで)

2本ほど、ダッシュしたあとで、
本気のダッシュを3本してみたところ、
速い子の走りになってきた(笑)

1時間ほどの練習で切り上げました。
あまり長くやっても、意味ないので(笑)





走り方を少し変えるだけで、
子どもはあっという間にかけっこが得意になります。

そのコツは、
① 走り出しは、地面を蹴りだすこと
② 膝を前に出すことを意識すること
③ 肘を縦に振ること

以上、3つをやるだけで、かけっこが早くなります。

子どもは想像力が豊かなので、
イメージをさせることがとても大切です。
走り方なら、速い人の走りを見せ、
テニスなら、錦織を見せること(笑)

あっというまに、上達しますよ。



スポンサードリンク




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。