So-net無料ブログ作成
検索選択

残業が続くようなら残業しない線引きが必要です [仕事]

スポンサードリンク





zang.JPG

裁量労働制の対象者拡大やホワイトカラーエグゼンプションなど、
メディアでネタがないと騒ぎ出す労働法問題。
要するに残業代ゼロへの布石だが、
「残業は必要か必要ないのか」
と、残業する当事者への問題のような気もしますが...


残業は2種類あります

労働法に関して議論するつもりはありません。
ただ自分の経験上から言わせてもらえば、
残業を強要する風土をいかにも正当化しようとする企業体質
がブラックのブラックたる所以なのかな。

残業には2種類あり、1つは、
「お金をもう少し稼ぎたい」という自主的残業

そしてもう1つは、
会社から強要される不本意残業です。


自主的残業

本当に稼ぎたくて残業したいという人もいます。
でも、そうでない輩もいます(笑)
それは日本の企業にはびこる悪しき風習みたいなものです。


不本意残業

繁忙期である無しに関わらず年がら年中残業の日々。
少数精鋭とは聞こえがいいが、こすい人権費削減に利用され
続けているだけです。
自分一人で改善できないのが厄介な負のスパイラルです。



不本意残業で困っているなら

記念日など大切な日は前もって上司に伝えておく

計画的に前もって伝えておくことで、
休みを取りやすくなる。


スケジュールを話しておく

毎週木曜日は英会話スクールなどと、
まわりに積極的に伝えることで、
その日の残業をシャットアウト!


できないこと&頼まれてもいない事をやらない

「できません」と言える勇気が必要です。
その代り、時には、
「こんな風にすることができますが、どうします?」
のような前向きアピールも必要です。


以上はあくまでも自分の仕事をしっかりやっている上での
NO残業方法です。



残業に対する姿勢

ダラダラやる残業は自分にとっても会社にとっても
“百害あって一利なし”です。

やらなければならない時はしっかりとやり、
無間地獄のように続くのであれば、
自分で線引きをする勇気を持ちましょう。




スポンサードリンク




タグ:仕事 残業
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。